最新情報

2009年2月3日
結果発表ページを追加しました。
2008年11月7日
応募登録受け付けを終了しました。
2008年7月10日
応募登録受け付けを開始しました。
RSSRSS配信

審査講評

審査委員長・隈研吾

隈研吾写真

1954年東京都生まれ/1979年東京大学建築学科大学院修了/コロンビア大学客員 研究員を経て、1990年隈研吾建築都市設計事務所設立/2001年〜慶應義塾大学理工学部教授/1997年「森舞台/登米 町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞,「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディク タス賞受賞/2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンラ ンドよりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞/著書に「負ける建築」(岩波書店),「新・建築入門」(ちくま新書)

30年後,集合住宅はプライベートな空間を積層させただけのものではなく,何かを共有する場であるという前提で考えられた案が多かった.大きなテーブルをシェアしたり,固有の風景を共有することで共同体的な意識を生み出すといった案が印象に残った.また,プライベートなセルと開かれたパブリック空間のふたつで集合住宅を再定義しようとする傾向が強かったが,パブリックをどう定義するかを曖昧なままにしていた案が多かった.そこをはっきり定義させた案が最終的に勝ち残ったと思う.
最優秀賞「小さな都市,大きな家族」はバスケットコートや子どものためのスペースなど,都市において社会的な意義を持つパブリック空間を巧みに配置している.現在でも,30年後でも通用する場を,空間的にもはっきりと定義しているところが興味深い.プライベートとパブリックの関係性にもリアリティを感じる.
優秀賞「庭と部屋の塔」は単なるバルコニーではない空中庭園を全戸が持っている.20世紀的な超高層ではなく,21世紀的な「庭園型超高層」とも言えるモデルによって,環境問題に対する新しい視点を提示している.環境に対する提案の中ではこの案が最も明るい未来を描いていたように思う.優秀賞「∞familyのための集合住宅」は個室の関係性の選択によってどんな家族でも住み得るというような,家族関係にまで踏み込んでいる点が興味深かった.
また建築を植物や大地のようなものに還元していく提案も多くあった.それらのうち,入選したのはいずれも建築と自然や植物が融合することで生まれる不思議な姿をクリアに表現したものである.

審査委員・乾久美子

乾久美子写真

1969年大阪府生まれ/1992年東京藝術大学美術学部建築科卒業/1996年イエール大学大学院建築学部修了/1996〜2000年青木淳建築計画事務所/2000年乾久美子建築設計事務所設立/2000〜01年東京藝術大学美術学部建築科常勤助手/2006年〜昭和女子大学、2008年〜東京大学非常勤講師/2006年AR Design Vanguard受賞/2008年「アパー トメントI」で新建築賞受賞

30年という時間軸を踏まえた時に,集合住宅がどのように変容するのかをクリアに表現できている案が上位に残ったように思う.応募案の傾向のひとつに,集合住宅が「住む」という単一の機能を超えて,都市的,複合的にならざるを得ないという前提で考えているものが多く見られた.これはル・コルビュジエの「ユニテ・ダビタシオン」のように以前からある考え方ではあるが,上位に残った案は,いかにユニテ型ではない方向で建築化していくかを考えているものである.最優秀賞「小さな都市,大きな家族」はユニテのように機能を断面的に積層させるのではなく,平面的に展開している.これによってパブリックとプライベートが空間的に関係を持たざるを得ない状況をつくり出し,住環境そのものを変容させることを試みている.明快かつ居住空間の変容ぶりも鮮やかで,楽しさを感じる提案である.
集合住宅がスラブを人工的に積層させたものであるという前提に立つならば,優秀賞「庭と部屋の塔」の積層させること自体には新しさは感じられない.しかし,この案の特徴は疎な大地を塔状に積層させたところにある.ポエティックではあるが,30年の間にその平面がどのように変化するのか,リアリティを持って表現している点が評価できる.
もうひとつの傾向として,集合住宅の共用空間は今後大きくなっていくという前提で考えている案が多く見られた.優秀賞「∞familyのための集合住宅」もそのひとつである.平面を見るとパブリック空間とプライベート空間を市松模様のようにシステマティックに配置している.それぞれ特定の機能を示唆しないことによって,30年後,どのように使われているのか,こちらの想像をかき立てるスマートな提案であった.

審査委員・藤本壮介

藤本壮介写真

1971年北海道生まれ/1994年東京大学工学部建築学科卒業/2000年藤本壮介建築設計事務所設立/2004年「伊達の援護寮」でJIA新人賞受賞/2005年「伊達の援護寮」,「T house」でAR AWARDS 入賞/2006年「情緒障害児短期治療施設」でAR AWARDS 2006 大賞,「7/2 house」でAR AWARDS 2006 優秀賞受賞/2007年日本建築大賞,AR Design Vanguard,AR AWARDS優秀賞受賞, KENNETH F. BROWN ARCHITECTURE DESIGN AWARD入選

前回,今回と審査を通して,改めて集合住宅の設計は難しいという印象を受けた.人が集まって住むことで,都市的な活動も生まれるし,もちろんプライベートな活動も営まれる.
今回の提案には,さまざまなものが30年の間に変わっていく状況の中で,変わらない部分をどうデザインしていくのかという視点に立った提案が多かったように思う.僕は変わらない部分が今の建築を超えている提案や,佳作「ヤマ・タニ・オカ」のように,変わらない部分がまるで地球の一部になってしまっているような提案に興味を持った.そのような案が建築の可能性を少しでも広げていくのではないかと考えている.最優秀賞「小さな都市,大きな家族」は通常住居にはないような大きなスペースをつくり,住宅という機能から離れた大きな空間を内包している.住む場所は人間に合ったスケールだが,大きな空間は30年先まで考えるとさまざまな使い方を予感させる.それをスマートに空間に落とし込んでいる.しかし一方で,僕らが知っている建築からどれだけ飛躍できているのか,まだその範囲に納まっているのではないかという印象も残った.もっと過激であってよいと思う.
全体に,インフラなどの変わらない部分と変わる部分を分けて骨格をつくっていく案が多かった中,優秀賞「庭と部屋の塔」は塔状の山とも言えるような自然環境が建ち上がって,そこに人間が住み着いていくというストーリーが興味深い.ただ,こちらも最優秀案と同様にスケールの設定が既存の住宅のレベルに納まっている部分があり,もっとダイナミックな提案ができれば都市の風景の変化に繋がっていくのかもしれない.
今年は30年という時間軸も設定されたので,さらに複雑性は増して,難しいけれど面白い課題になった.

審査委員・大栗育夫

大栗育夫写真

1950年栃木県生まれ/1974年東京理科大学工学部建築学科卒業後,長谷川工務店入社/現在,長谷工コーポレーション代表取締役専務執行役員 技術管掌

当コンペティションは2007年,長谷工の創業70周年を記念しまして,当社の社会貢献のひとつとして,次代の建築を担う若手人材の育成も視野に入れて開催をさせていただきました.2008年も引き続き参加対象を学生限定として継続開催しましたが,当コンペを通して若い方々と「集合住宅建築」の魅力・創造性について共感できればと考えております.
当社はこれまでに46万戸を超える集合住宅を供給してきました.分譲マンションが,身近な住まいとして定着し始めてからおよそ40年になりますが,いつの時代も私ども長谷工グループは,この集合住宅の領域を先頭に立って切り開いてきました.分譲マンションの歴史をたどりますと,まずは「大衆化の時代」,次に「標準化の時代」,次に「多様化の時代」,そして「選別の時代」と4つの時代に分けることができます.いずれの時代の要請にもしっかりと応え続けてきたことで,集合住宅は,今やすっかり個人住宅として,あるいは社会資本として社会に定着しています.またこの間,マンションの進化が都市の住宅事情を大きく改善したことも事実であります.
都市部において高い土地効率を実現できる集合住宅が果たす役割の重要度は,今後もさらに増すと思われます.そのためにも,さらに優良な社会ストックとしての高品質なマンションをつくり続けていかなければならないと考えております.
さて,今回のテーマは「30年後の集合住宅」でした.集合住宅と時間について考えていただきました.コンペの結果については,登録総数804点,応募数378点と前回を上回る状況であり,数多くの学生の皆さんが関心を持ってくれたことを本当に嬉しく思います.厳正なる審査の結果,合計10作品を選ばせていただきました.全体的にハイレベルな内容であったと思います.
今後も集合住宅について学生の皆さんにしっかりと考えていただくこと,集合住宅の建築について多くの若者が真っ向から取り組んでくれること,そういう機会となることを強く期待しております.