第48回日新工業建築設計競技人間の家

第48回日新工業建築設計競技 人間の家

テーマ 人間の家

昨年からのコロナ禍に生きる私たちは、感染拡大防止策・感染予防が最優先となる社会の中で、行動にさまざまな制約がかけられています。
生活が管理される中で、その必要性は理解しつつも抑圧状態にあると言えるでしょう。特殊な状況下においては、多様性が削がれ、問われていたはずのさまざまな課題も影を潜めてしまう、忘却という名の淘汰が起きているようにも思います。

ル・コルビュジエが著した『人間の家』(1942年発表、F・ド・ピエールフウと共著。鹿島出版会、1977年)では、第二次世界大戦中の疎開先から、ナチスに破壊されたパリの街をいかに再建するかという意欲的な都市計画案が示されました。
私たちも、このコロナ禍において、その先にある本質的でポジティブな提案を考え、投げかけることが大切なのではないでしょうか。
そこで、今回のテーマを「人間の家」としました。
身の回りの設えや、街の理想的なあり方でもよいでしょうし、制度的な提案になるかもしれません。これまでの家の枠組みを大きく超えて、幅広く考えてみてください。

みなさんの提案をお待ちしています。

応募登録エントリーは2021年10月1日まで後2か月

Read More